KOHOKUDAI REAL-ESTATE AGENCY

SOLAR PROJECT

ソーラープロジェクト

ソーラープロジェクトから見える湖北台産業の未来

湖北台産業のソーラープロジェクト。太陽光発電による売電を主とした新規事業が着々と進められています。アミューズメント事業をメインに展開する湖北台産業が、なぜソーラー関連事業を始めたのか。一見、何の関連性もないように見受けられますが、それには湖北台産業のある思いがあります。

一つは、お客様そして地域社会に笑顔を届ける。そしてもう一つは、大電力を消費する企業としての責任。それに対して湖北台産業に出来ることからはじめる・・・足元を振り返り浮かんだのがソーラープロジェクトでした。事業用地の活用という視点から捉えれば、休遊地や店舗には広大な空間が眠っています。これにアミューズメント事業を通して今まで取り組んできたエコや自然といった環境活動のポリシーを具現化したのが、ソーラープロジェクトです。もちろん、社会責任と貢献に加え企業経営の効率化という側面を兼ね備えた経営戦略の一環でもあるのです。第二の柱といえるこの事業が、湖北台産業に新たな強みを与える意義は大きく、固定概念にとらわれない創造性と変化に富んだ将来の姿に期待してほしいと思います。

ソーラー事業拠点

成田発電所(稼働中)

我孫子第一発電所(稼働中)

桐生発電所(稼働中)

結城発電所(稼働中)

白井発電所(稼働中)

小美玉発電所(稼働中)

我孫子第二発電所(稼動中)

甲府発電所(稼働中)

藤岡発電所(建設中)

VZONE柏店自家消費型(稼働中)

VZONE白井店自家消費(稼働中)

VZONE我孫子店自家消費(稼働中)